2019-11

ブログ

平成30年 行政書士試験 問56 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問56 過去問ドリルUPア.妥当でない 携帯電話番号は政令に定められておらず、個人識別符号にあたらない。 イ.妥当である 個人番号(マイナンバー)は、個人情報保護法施行令1条6号に定められており、個人識別符号...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問55 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問55 過去問ドリルUPア.妥当でない 欧州一般データ保護規則は、データ管理者や処理者、データの主体(個人)がEU域内に拠点をおく場合に適用されるが、欧州経済域内のデータ主体に対して商品やサービスを提供する場合な...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問54 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問54 過去問ドリルUPア.妥当でない 防犯カメラの設置に許可を要するという法令はなく、防犯カメラを設置するために「都道府県公安委員会の許可」を受けなければならないとする規定はない。 イ.妥当である 地方自治...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問53 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問53 過去問ドリルUPア.対象とならない 風俗営業を営もうとする者は、風俗営業の種別に応じて、営業所ごとに都道府県公安委員会の許可を受けなければならない(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律3条1項)...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問52 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問52 過去問ドリルUPア.妥当でない 市町村の住民税の納税義務者は、市町村に住所がある人か、市町村に住所はないが、事務所、事業所または家屋敷のある人である。そのため、当該市町村に住所を有しなくとも、事務所等があ...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問51 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問51 過去問ドリルUP1.妥当でない 墓地、納骨堂又は火葬場を経営しようとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない(墓地、埋葬等に関する法律10条1項)とされているため、墓地の経営だけでなく、納骨堂の...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問50 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問50 過去問ドリルUP1.妥当である 2010年代の日本の貿易において、輸出と輸入を合わせた貿易総額が最大である相手国は中国であり、2017年の日本の輸出入総額153兆6,657億円のうち、中国は全体の約21....
ブログ

平成30年 行政書士試験 問49 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問49 過去問ドリルUP1.妥当でない 生協は、「一定の地域又は職域による人と人との結合であること」(消費生活協同組合法2条1項1号)という要件を備えることとされている。 2.妥当でない 生協は、「組合員が任...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問48 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問48 過去問ドリルUPア.妥当でない 不動産鑑定士に関する事務は、国土交通省がつかさどることが定められている(国土交通省組織令75条4号、不動産の鑑定評価に関する法律3条)。 イ.妥当である 公認会計士に関...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問47 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問47 過去問ドリルUPア.妥当でない 外国人の日本国在留に関する許可要件や手続については、2017年11月に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」が施行される以前は、出入国管理及び難民...
タイトルとURLをコピーしました