平成30年 行政書士試験 問49 過去問ドリルUP

ブログ

平成30年 行政書士試験 問49 過去問ドリルUP

1.妥当でない

生協は、「一定の地域又は職域による人と人との結合であること」(消費生活協同組合法2条1項1号)という要件を備えることとされている。

2.妥当でない

生協は、「組合員が任意に加入し、又は脱退することができること」という要件を備えなければならないことが消費生活協同組合法2条1項3号で定められている。

3.妥当でない

生協は、「組合員の議決権及び選挙権は、出資口数にかかわらず、平等であること」という要件を備えなければならないとされている(消費生活協同組合法2条1項4号)。

4.妥当である

組合の住所は、「その主たる事務所の所在地に在るもの」(消費生活協同組合法6条)とされている。

タイトルとURLをコピーしました