平成30年 行政書士試験 問51 過去問ドリルUP

ブログ

平成30年 行政書士試験 問51 過去問ドリルUP

1.妥当でない

墓地、納骨堂又は火葬場を経営しようとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない(墓地、埋葬等に関する法律10条1項)とされているため、墓地の経営だけでなく、納骨堂の経営をする場合にも、届出のみでは足りず、都道府県知事の許可が必要となる。

2.妥当でない

埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長(特別区の区長を含む。)の許可を受けなければならない(墓地、埋葬等に関する法律5条1項)。また、火葬に係るものにあっては死亡若しくは死産の届出を受理した市町村長が行う(墓地、埋葬等に関する法律5条2項)こととされており、生前に住民登録があった市町村の長による許可ではない。

3.妥当でない

埋葬又は火葬は、死亡又・・・

タイトルとURLをコピーしました