平成30年 行政書士試験 問55 過去問ドリルUP

ブログ

平成30年 行政書士試験 問55 過去問ドリルUP

ア.妥当でない

欧州一般データ保護規則は、データ管理者や処理者、データの主体(個人)がEU域内に拠点をおく場合に適用されるが、欧州経済域内のデータ主体に対して商品やサービスを提供する場合など、区域内の居住者の個人データを収集・処理する場合は、EU域外に拠点をおく組織にも適用される。

イ.妥当である

この規則は、欧州経済領域内で業務を展開する企業に限り規制対象となるため、EU域外での業務は規制の対象とならない。

ウ.妥当でない

GDPRの保護対象となる個人データとは、欧州経済領域内に所在する個人(国籍や居住地などを問わない)の個人データである。そのため、例えば日本人であっても、欧州経済領域内での個人データは保護を受けることとなる。

エ.妥・・・

タイトルとURLをコピーしました