行政書士過去問ドリル

解答 行政書士試験 平成21年60問

一般知識 文章理解

○:3.ウオイエ


問60 次のア~オの記述は、枠内で示されている「土木」について、「現場での連帯の必要性」を述べている部分を五つに分けたものである。五つのうち一番目はアであるが、残りの四つの順序として正しいものはどれか。

私の専門である土木が対象とする橋や道路、運河やダムなどの公共構造物・施設は、大地に根ざす存在です。それらは自然と一体になって新たな「風景」を形成します。さらには、長寿命であるがゆえに、建設された時代を超えて、歴史的環境として後世に受け継がれていきます。
ア、そうした仕事をしていて、最近、私がとくに感じることは、今の時代に必要なことは「個から連帯へ」ということではないか、ということです。つまり、個々人が、個々の専門領域、個々の倫理でバラバラに動くのではなく、物事をトータルに捉え、全体を見渡す視点を持って行動することが、極めて重要になってきていると感じています。
イ、しかし、問題は、各々の専門が「村社会」をつくってしまっており、村相互の連帯がなくバラバラになってしまっていること。そして、一度、計画が決められると、個々の専門性が高いため、お互いが協力することはあまりなく、各自が自分たちの「村の論理」で働いてしまっていることです。
ウ、「個から連帯へ」ということの必要性を強く意識するようになったのは、現場で複数の専門家・エンジニアたちと実際に計画・設計・工事を行なうことが多くなったからです。プロジェクトが大きくなればなるほど、個々の専門家の役割は細分化され、専門毎に仕事が分割されていきます。完成すれば一つの風景を形成するものであるにもかかわらず、各々の仕事は分断されているのです。
エ、もちろん、一人ひとりは自分の村の倫理に従って、一生懸命努力しています。けっして間違ったことをしているわけではない。 しかし、一人ひとりが努力をすればするほど、結果として、目の前には一体感のないバラバラな風景ができあがってしまう…。
これでは、全体として調和のとれた「いい風景」をつくることはできません。また、それに携わる人たちが、将来にわたってその風景に対して責任を持とう、という意識も生まれてこないでしょう。
オ、たとえば、橋が架かるところには川もあるし、周囲には家もあります河川敷には公園もあるでしょう。 ところが実際の現場では、橋は「橋の専門家」、川は「河川の専門家」、建物は「建築家」、公園は「造園家」…、と専門分野毎に分かれて仕事をしているのです。
もちろん、それぞれに高度な技術や専門知識というものが必要とされますから必然的に分かれているわけですし、また、その方が個々には効率的に仕事を進めることができるという面はあるでしょう。
(出典 篠原修「百年後に残る風景をつくる」より)

選択肢(解答ページでは、出題時の順番に戻ります)

☓:1.イウオエ

☓:2.ウエイオ

○:3.ウオイエ

☓:4.エイウオ

☓:5.オエイウ

解説

文章整序問題というのは、基本的に、時間さえかければ、ほとんどの方が正解にたどり着くことが可能であるため、そういう意味で、重要なのはむしろ素早く解けるかどうかにある。


この問題の成績

  • まだ、データがありません。


  • 試験過去問題の使い方

    平成30年までの行政書士試験問題の過去問を掲載しています。

    問題の解答ボタンの順番が、毎回ランダムで移動するので正解番号を覚えてしまうことを防止できます

    過去問ドリル使い方

    法令、一般知識のほか、法令につては(基礎法学、憲法<総論、人権、統治、財政>、行政法<行政手続法行政指導、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法>、民法<総則、物件、担保物件、債権>、商法、会社法、)などジャンルから選択するか、試験出題年度を選択してください。

    問題文章の後に選択肢が表示されるので、文章をタッチして解答してください

    解答画面では、過去6ヶ月間の解答について、履歴を表示するとともに、ユーザー全体の正解率を表示します。


    過去問を使った学習のヒント

    行政書士試験の本番時間は、3時間(180分) 法令46問、一般知識14問の合計60問が出題されます。

    1問あたり3分180秒で解答すれば間に合う計算になります。しかし、実際には、記述はもちろん、多肢選択、一般知識の文章読解問題は長い問題文を読んでいるだけで3分以上かかる場合もあるので180秒より速く解答する必要があります

    重要!毎日三時間用意する

    1問あたり100秒で解く(おおよそ半分の時間で一周できます)

    じゃあ残った時間は何をするのか?→解答を見る前に必ず見直すようにしてください。(回答時に自信がある問題、ない問題の目印をつけておくなど)


    過去問ドリルに取り組む前に

    一通りテキストを読み込んでから取り組みましょう。

    どの年度でもいいので初回60問といて、94点未満以下の場合はもう一度テキストを読み込む作業に戻りましょう

    300点満点中の180点取れれば合格ですので、目安として94点以上であれば、本格的に過去問ドリルに取り組んでみてください。