ブログ

平成30年 行政書士試験 問36 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問36 過去問ドリルUPア.誤り 商行為の委任による代理権は、本人の死亡によっては、消滅しない(商法506条)。 イ.正しい 商人がその営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求するこ...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問35 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問35 過去問ドリルUP1.妥当でない。 未成年後見は、「未成年者に対して親権を行う者がないとき、又は親権を行う者が管理権を有しないとき」に開始する(民法838条1号)。 「親権を行う者がないとき」とは、一般的に...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問34 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問34 過去問ドリルUPア.妥当でない。 財産分与後の慰謝料請求について、判例は、「離婚における財産分与の制度は、夫婦が婚姻中に有していた実質上共同の財産を清算分配し、かつ、離婚後における一方の当事者の生計の維持...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問33 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問33 過去問ドリルUP1.妥当でない。 使用者が賠償した場合の、被用者に対する求償権について、条文は、「ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負い、...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問32 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問32 過去問ドリルUPア.共にあてはまる。 使用貸借での借主の義務は、「契約又はその目的物の性質によって定まった用法に従い、その物の使用及び収益をしなければならない」とされている(民法594条1項)。そして、賃...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問31 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問31 過去問ドリルUP1.妥当でない。 元本、利息及び費用を支払うべき場合の充当については、「債務者が一個又は数個の債務について元本のほか利息及び費用を支払うべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問30 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問30 過去問ドリルUP1.妥当でない。 従物に個別の対抗要件が必要かについて、判例は、「石灯籠および取り外しのできる庭石等は本件根抵当権の目的たる宅地の従物であり(中略)、本件宅地の根抵当権の効力は、右構成部分...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問29 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問29 過去問ドリルUPア.妥当でない。 民法94条2項類推適用に関する問題である。 通謀虚偽表示とは、真意に反して当事者間でした嘘の意思表示をした場合、当事者間においては、その意思表示は無効である。嘘の意思表示...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問28 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問28 過去問ドリルUPア.妥当である。 原則として、条件付き法律行為は、条件が成就したときに効力が発生(停止条件)又は消滅(解除条件)する。ただし、例外として、当事者の合意があれば、自由に契約内容について形成す...
ブログ

平成30年 行政書士試験 問27 過去問ドリルUP

平成30年 行政書士試験 問27 過去問ドリルUP1.妥当である。 公序良俗とは、公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とするものである(民法90条)。しかしながら、公序良俗という表現は抽象的であり、どのような法律...
タイトルとURLをコピーしました